イタリアの窓から

〜イタリアの暮らしのスケッチ〜クリスマスのサプライズa piano house 3

さて、クリスマスイブ。
主人と子供の友人をマルペンサ空港に迎えに行く。
春から夏を経て、ずっと頑張ってきた子供達。
イタリア語もきた当時は私の助けが必要だったのに、
今じゃ逆転、すっかり使いこなし始めた。
子供は早い。半年、半年で現地の友達の
早口のおしゃべりも理解するようになり、
レポートも書けるようになってきた。
友達やサッカークラブにも慣れ、
辛い時期を乗り切った今、
どんなにこの再開が嬉しいことか!!

さあ、楽しいクリスマスを過ごそう、
ようこそイタリアへ!
自慢の古プジョーも、修理したおかげで順調よ。
元気だった?
夏は暑くて大変だったってね。
スカイプ毎日してるとはいえ、こんなに嬉しいことはない。
さあ帰ろう!
とにかく疲れたよ。
ちょっと寄り道していい?
え?!ダメダメ、まず休みたいから早く帰ろう。
そんなこと言わずに。。。

最後の角をアパートとは反対の方へ曲がる。
不機嫌な主人。。。
「はい、着きました!!!新しい我が家!!!」
「・・・・」
なんのことかさっぱりわからず、キョロキョロ見渡す主人。
「パパ、ルイーザの紹介で、ここに引っ越したの、一昨日。
でも心配しないで、こんな大きなうちだけど、特別ディスカウントで
お家賃は前のアパートとおんなじだから。
しかもピアノ付き。
っていうかピアノに家が付いてきた!」

そうこうして、門を開けると
車はゆっくり庭の駐車スペースに入った。

イタリアの窓から